これには明確な答えがありません。特に「強襲ヒット」と「エラー」などは紙一重ですし、エラーとヒットの区別は、その野球のレベルによっても違います。
基本的にはスコアラーの判断が全てです。判断材料としては「打球の速さ」「打球は手の届く範囲だったか」「その野手の上手さ(下手さ)」などがあります。つまり、同じ打球でも処理をする野手によって、エラーになるときもヒットになるときもあるのです。
打球がバウンドして頭の上を越えて行ったり(いわゆるバンザイ)、後逸したり、捕球可能範囲への打球にノータッチだった場合なども、通常通りプレーしていれば捕球可能だったと判断すればエラーとします。
判断に迷った場合は、チームのメンバーと話し合って判断すると一番丸く収まります。