富士フォックス vs ぴよっきーず 試合結果


2017年 5月 7日 球場:草薙軟式球場 大会名:練習試合


備 考:
GW最終日、4年ぶりとなる富士フォックスさんとの一戦。今日のスタメンは尾崎プロデュース。奏功するかな。

ぴよの先発登板は、小板橋。初回、先頭打者にライト前ヒットを打たれると盗塁で三進され、三番打者にセンター前の適時打で先制点を許す。その後、ライトゴロになろうかという当たりを惜しくもファースト黒田が捕球できず、走者を許したり、赤堀のキャッチャーフライ失策、ショート小柳の失策なども絡み、初回から4点を許した。しかし、久しぶりの対戦で、フォックスさんのメンバーはかなり若返ったか、打球の鋭い打者が並ぶ。

二回表は、小板橋が3個の四球で満塁のピンチとするも後続を抑え、三者残塁でなんとか無失点で切り抜ける。すると、その裏の攻撃、先頭の黒田が、相手失策を誘い、出塁すると、二死の間に三進する。続く小板橋は、左中間方向へ楽に外野手超えする大きな当たり、二塁打として、黒田を迎え入れる。この日、これが唯一の得点になろうとは・・・この後は、貧打が続いていく。

三回表には、内野安打で走者を出すものの、二塁に盗塁された後、飛び出した走者を落ち着いて牽制で刺すなど、相手のチャンスの芽をつんでいき、強力打線ながら、追加点を与えない。ぴよは、三回裏に亀山、石井の上位打線の連続ヒットで、一死一二塁の好機を迎えるが、続く小林が、おあつらえ向きのセカンドゴロ併殺打に倒れ、得点機を逃した。

粘投を続けていた小板橋だが、五回表には、四球、安打で一死一二塁とされると、ここから二者連続で打ち取ったセカンドゴロながら、入団後、守備に慣れない佐野が連続エラー。味方守備に足を引っ張られる形で追加点を奪われてしまう。野球素人ながら入団してきてくれて、一緒に楽しんでくれている佐野は、打撃では結果を残しつつも、まだまだ守備が課題だなぁ。練習あるのみ。六回表にも、内野安打、四球、盗塁で一死二三塁から、ライトへの犠飛で1点失った後、四球の走者も貯められて、ライトへの三塁打を打たれ、この回、3点。点差が開いてしまった。

打つ方は、四回以降、さっぱり。相手投手に翻弄されて、五回に四球を1個もらうのがやっと。完全に封じこめられてしまった。

七回表に、小林が初登板。時間切れで、一死を奪うにとどまったが、失策絡みの1失点。今後、もっと長いイニングを投げてもらう機会もあろう。期待してます。

久しぶりの対戦となったフォックスさん、体格のいい、好メンバーが並んでいる印象だった。守っていても、鋭い打球が飛んできそうーーという雰囲気がプンプンした。その割には、小板橋は、粘って投げていたと思う。味方7失策では、点差も広がってしまったが、要所で守備の乱れが出なければ、もう少し僅差の試合となっていたかもしれない。守りでリズムを作って攻撃へつなげる。そんな試合展開が大事だな、ってことを感じました。草野球レベルで、そんなところまで到達できるの、夢だけど・・・。尾崎采配、黒田をクリーンアップに入れるなんていう斬新な打順組むからーーこうなっちゃった(のかな。)また、お願いするから、よろしくね。

以上





富士フォックス 1 2 3 4 5 6 7
富士フォックス 4 0 0 0 4 3 0 11
ぴよっきーず 0 1 0 0 0 0 0 1





打順 守備 打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 打数 安打 打点 得点 盗塁 失策 S失
1
右左中
亀山裕史 [3]
中飛
左安
三振
3
1
0
0
0
0
0
2
二遊
石井康久
四球
右安
二直
2
1
0
0
0
0
0
3
中右投
小林大輔
二ゴ
二併
2
0
0
0
0
0
0
4
赤堀達也 [12]
三振
三振
2
0
0
0
0
1
0
5
黒田智之 [8]
一失
投飛
2
0
0
1
1
1
0
6
指左中
助っ人(一関)
三振
投飛
2
0
0
0
0
0
0
7
小柳勝秀 [1]
二ゴ
四球
1
0
0
0
1
1
0
8
小板橋厚思 [11]
中2
右飛
2
1
1
0
0
0
0
9
左一
尾崎真琴 [4]
二ゴ
三振
2
0
0
0
0
0
0
10
長谷川倖友
遊ゴ
左直
2
0
0
0
0
0
0
11
佐野幹人
三振
1
0
0
0
0
3
0
21
3
1
1
2
6
0





投手 x/3 打者 打数 球数 被安 被本 犠打 犠飛 三振 四球 死球 暴投 ボーク 失点 自責 勝敗
小板橋厚思
6
-
0
0
0
8
0
0
0
6
6
0
0
0
11
4
小林大輔
0
1/3
0
0
0
1
0
0
0
1
2
0
0
0
1
0