ぴよっきーず vs ハメス 試合結果


2017年 4月22日 球場:伝馬町新田 大会名:練習試合


備 考:
2017年度の第2戦、ここ数年、多数の対戦の機会をいただいております、ハメスさんとの一戦。

今日は、冬季の練習日に続き、大沼が東京から参戦。久しぶりに先発登板の機会となった。張り切っていってみましょう!その大沼の初回は、振逃げ、四球の走者を許し、二死二三塁のピンチを背負うも、相手五番打者を投ゴロに打ち取り、無失点でしのぐ。二回は四球の走者を一人だけ、三回は三者凡退と、徐々に調子を上げていく。四回も、先頭打者に、この試合初の被安打をショートへの内野安打で許すものの、その後をピシャリと抑え、上々のピッチングを続けて、久しぶりの登板を楽しんでいるようだった。

ぴよの攻撃は、初回に小柳、小林が四球で出塁し、一死二三塁の好機を作るが、大沼、尾崎が凡退、先取点を逃す。三回表、佐野が入団初安打となるセンター前ヒットで出塁すると、相手投手のワイルドピッチで二進後、小柳の打球がショートの失策を誘う間に本塁へ生還、先取点を挙げた。四回は四球を足掛かりに走者を貯め、ワイルドピッチにより1点を挙げる。走者を貯めながらも、大量得点へとつなげられないのは、嫌な流れだったが、五回表に中押しのできる得点を挙げる。小柳、小林の四球で一死二三塁とすると、大沼がセンター前へ2点適時打、見事に四番の仕事をし、期待に応える。さらに清水隆も左中間へ二塁打を放ち追加点。ここまでくすぶっていた打線だったが、ようやくつながりを見せて、スコアを5-0とした。

しかし、このまま、すんなりとは終わらない。五回裏、一死後、ショート永田、サード尾崎の連続エラーで一二塁とされると、続く打者に一二塁間を抜けるライト前ヒットを打たれる。ここはライト小林のすばやい好返球で、二塁走者は三塁ストップとなったが、一死満塁のピンチは続く。こうなると流れも少し相手に傾く、続く打者にもレフト前へ適時打を許し、1点。さらに、ここまで制球力は、それほど乱れてなかった大沼だったが、後続に押出しを許し、2点目を献上した。

六回表には、先頭打者の黒田が四球で出塁し、山本大の適時打で1点追加。流れを相手に渡さない。六回裏は、今日二つ目の振逃げと失策で走者を許すも、サードライナーを捕った小柳が、飛び出していた走者を落ち着いたプレーで併殺にして、ピンチを逃れるなど好プレーでしのいでいく。最終回もヒットを1本許すものの、無失点に抑え、テンポの良い試合はゲームセット。

お互いに投手がテンポよく投げ合い、試合時間は2時間ちょいの内容。大沼は後半ややバテた感もあったが、安定したピッチング。試合展開も終始リードしていたので、安心して見ていられる内容だった。これで開幕連勝。今年はいいスタートです。好調を続けていきましょう。

以上





ぴよっきーず 1 2 3 4 5 6 7
ぴよっきーず 0 0 1 1 3 1 0 6
ハメス 0 0 0 0 2 0 0 2





打順 守備 打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 打数 安打 打点 得点 盗塁 失策 S失
1
遊三
小柳勝秀 [1]
四球
遊失
四球
三振
2
0
0
1
5
0
0
2
赤堀達也 [12]
三ゴ
三振
三振
三安
4
1
0
0
1
1
0
3
小林大輔
四球
四球
四球
投飛
1
0
0
1
3
0
0
4
大沼廉 [14]
遊飛
投飛
中安
右安
4
2
2
1
2
0
0
5
三遊一
尾崎真琴 [4]
三振
三ゴ
三ゴ
二飛
4
0
1
0
0
1
0
6
中遊
清水隆太 [0]
四球
四球
中2
二併
2
1
0
1
5
0
0
7
指遊三
永田慎吾 [15]
三振
四球
死球
1
0
0
0
1
1
0
8
増子裕史 [6]
左飛
三振
三振
3
0
0
0
0
0
0
9
黒田智之 [8]
二直
四球
四球
1
0
0
1
2
0
0
10
指二
佐野幹人
中安
四球
三飛
2
1
0
1
0
0
0
11
山本大気 [7]
二飛
遊ゴ
左安
3
1
1
0
1
1
0
27
6
4
6
20
4
0





投手 x/3 打者 打数 球数 被安 被本 犠打 犠飛 三振 四球 死球 暴投 ボーク 失点 自責 勝敗
大沼廉
7
-
0
0
0
4
0
0
0
8
3
0
0
0
2
0