あらたーず X APピストンロッズ 試合結果


2009年 8月22日   球場:はましんレクリエーショングランド   大会名:練習試合


備 考:
本日は、前回3月の対戦で完敗を喫したAPさんとの対戦でした。昨年行われた試合でも完敗を喫しているので、なんとか一矢報いたいところです。

1回表のあらたの攻撃はあっさり三者凡退で、前回対戦の悪夢がいきなり頭をよぎる。
あらた先発は左腕エースの須田。APさんの実力がわかっているだけに絶対に先制点を与えてはいけないところだったが、いきなり1回裏に死球を与えた直後にタイムリー2ベースを浴び1点を失う。毎度の失点パターンだけに須田は反省してほしいところ。

3回表に佐藤がヒットで出塁して、相手エラーなどで同点のホームを踏むが、その直後の3回裏にヒット、四球、ワイルドピッチで1死2・3塁とされると相手4番打者に2点タイムリーを浴び、あっさりとリードを許す(須田ちゃ〜ん…)。
しかし、この日は相手チームの台所事情が苦しいらしく投手が一人しかいないとのことで(後で聞いたところによると翌日との連戦であることや、都市対抗への応援などで、メンバーの確保にかなり苦労されたとのこと)、いつもは剛球を投げ込んでくる相手エースが省エネ投法に終始。さすがにあらた打線も2巡目からは喰らいつき始め、4回表にはましん球場大好きの牧野がレフト柵越えのソロを放ったのを皮切りに打線が大爆発。この回8安打を集中して一挙8得点のビッグイニングを久々に作る。さらに6回にも6安打を集中して5得点と最近では考えられないくらいの大量点が転がり込んでくる。

さすがにこれは楽勝…と思いきや、基本的な打力が上回るAP打線も黙ってはいない。コツコツと点を返され先発の須田が5イニング6失点で降板すると、2番手・大川、4番手・牧野も1点ずつ失い、9回表の攻撃を終わって17−8とリードはするもののやや不安の残る形で最後の守備に着いた。
そしてその不安は的中してしまう。5番手の守護神・鳥居がマウンドにあがるがストレートが走らず、変化球の切れもいまいちで相手打線につかまってしまう。2つの三振を奪うものの2四球で2死2・3塁とされると、ここでセンター前に2点タイムリーを浴びてしまう。さらに次打者にはエンタイトルツーベースを浴びてさらに1点。続く打者にも左中間を抜けようかと言う痛烈な当たりを打たれるが、ここはこの日加入したばかりの桑原のナイスプレーが飛び出し、なんとか逃げ切り勝ちとなった。

APさんは事情によりメンバーが揃わない部分もあったみたいですが、それでも打線は相変わらず強力でした。守りに関しても特に完投したエースの方は噂によると翌日の試合も完投したとかで、さすがにそれではスタミナを温存しながらのピッチングをするしかなかったかなと思いますし、そうでなければとてもここまで得点することはできなかったでしょう。しかしパワー型の投手と思っていたのに、打たせて取る形のピッチングにスパッと切り替えできるところがすごい野球センスだなとうらやましく思いました。

あらたーずに関してはこの日初参加となった桑原が攻守にいいところを見せてくれました。打ってはパワフルなスイングで2安打、守っても堅い守備を披露し、小渕が転勤して以来ながらくの課題だった松永、澤木の前後を打てるバッターとして名乗りをあげてくれそうな雰囲気です。

この勢いで翌週のD−MAX杯はがんばっていきましょー!と言いたいところですが、一発勝負で最も大事になってくる投手陣は非常に不安が残る形になりました。先発候補の須田の状態が今ひとつのため、隠し球で守護神・鳥居の先発起用も考えていたのですが、今日のピッチングを見る限りは須田でいったほうがいいのかなとも…(キャッチャー澤木も「今日の投球内容だと鳥居は先発させないほうがいいかも 笑」とのことでした)。さらに中継ぎ陣も頭数は揃っているものの(牧野、大川、横山に加えて実力は未知数だが大橋、桑原など)、絶対的信頼のあるピッチャーは現時点では不在。
唯一信頼できる内藤も午後からのみの参加になりそうなためD−MAX杯当日まで誰に投げさせるか頭を悩ませる日々が続きそうです(※結果的には散々悩んだ挙句、前日に須田の先発起用を固めたのだが、なんと大会前日の夜に須田が足の爪を剥がすアクシデントで試合自体に参加することができなくなったため、急遽当日に鳥居の先発に変更する。鳥居は10失点と苦しみながらも、打線が11点を奪ってD−MAX杯初戦は辛くも逃げ切り勝ちとなった。詳細は翌週のD−MAX杯1回戦の試合内容をご参照下さい)。





APピストンロッズ  1  2  3  4  5  6  7  8  9
あらたーず  0  0  1  8  1  5  1  0  1  17
APピストンロッズ  1  0  2  1  2  1  0  1  3  11





打順 守備 打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 打数 安打 打点 得点 盗塁 失策
1
牧野真司
 三ゴ
 
 
 左本
 左飛
 投ゴ
 
 
 三失
5
1
1
1
1
0
2
田中弘之
 二飛
 
 
 左安
 三安
 
 左安
 
 三振
5
3
0
3
1
0
3
鳥居裕介
 中飛
 
 
 三安
 右2
 
 右安
 
 中安
5
4
2
1
0
0
4
石川太亮
 
 一ゴ
 
 一選
 一ゴ
 
 二飛
 
 三飛
5
0
0
1
0
0
5
澤木規行
 
 二飛
 
 中2
 三飛
 
 左安
 
 
4
2
3
1
0
0
6
大川勇記
 
 三失
 
 三飛
 
 三直
 一飛
 
 
4
0
0
0
0
1
7
鈴木宏和
 
 右安
 
 右安
 
 中安
 中飛
 
 
4
3
1
2
0
1
8
大橋知典
 
 一ゴ
 
 左安
 
 中安
 
 投ゴ
 
4
2
0
2
0
0
9
佐藤史健
 
 
 中安
 右失
 
 右失
 
 左安
 
4
2
0
3
0
0
10
桑原拓也
 
 
 一ゴ
 右2
 
 右安
 
 一飛
 
4
2
2
1
0
0
11
須田大介
 
 
 二失
 左安
 
 左2
 
 一ゴ
 
4
2
3
1
1
0
12
横山太平
 
 
 遊飛
 三ゴ
 
 左安
 
 
 一ゴ
4
1
1
0
2
0
13
日置功
 
 
 三飛
 一ゴ
 
 左安
 
 
 左安
4
2
1
1
1
0
56
24
14
17
6
2





投手 x/3 打者 打数 球数 被安 被本 犠打 犠飛 三振 四球 死球 暴投 ボーク 失点 自責 勝敗
須田大介
5
-
0
0
112
5
0
0
0
8
4
1
0
0
6
5
 ○ 
大川勇記
1
-
0
0
25
0
0
0
0
1
3
0
0
0
1
0
 ― 
横山太平
1
-
0
0
9
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
 ― 
牧野真司
1
-
0
0
21
0
0
0
0
1
1
2
0
0
1
1
 ― 
鳥居裕介
1
-
0
0
27
2
0
0
0
2
2
0
0
0
3
3
 ―