あらたーず X Eigyo Van 試合結果


2009年 7月 4日   球場:豊岡球場   大会名:練習試合


備 考:
本日は、久々のEigyoVANさんとの対戦でした。
前日深夜の大雨により、日中は快晴だったにも関わらず、まさかまさかの新橋がグランド不良のため、急遽豊岡球場に場所を移しての試合となりました(やれて良かったです)。
VANさんは今シーズンはまだ4〜5試合くらいしか行っていないと言うことで、やる気満々の雰囲気が試合前から伝わってきて、まさに飢えた狼状態で怖いくらいでした(笑)。対するあらたーずも野球バカ1号の大川が1ヶ月以上ぶりの試合と言うことで、ウォーミングアップのキャッチボールをこれまた野球バカ2号の牧野と1時間近く行うなど、両軍ベンチともに開始前からものすごい熱気でした。

さてそんな熱気はどこへやら、今年初のナイターと言うことで気候的には涼しくて非常に快適でした。お金はかかるけどやっぱり夏のナイターはいいなぁと思いながら、試合はあらたーずの先攻で始まる。
マリン杯での敗戦を機に大幅に打順を入れ替えて臨んだこの試合。先頭の松永がライトへしぶとく転がして出塁すると、すかさず盗塁を決める。さらに2番・鳥居が見事な進めるバッティングでセカンドへ転がすと、これを相手がエラーして松永が一気にホームイン。直談判までして1,2番に座ったコンビが早速いいところを見せて幸先良く先制する。さらに相手レフトのエラーもあり無死2・3塁とチャンスが続き、ここで頼れる澤木。が、ピッチャーフライで1アウト。「まだ1アウトだしあと1点くらいは取れるでしょ」と思いきや後続が三振、投手ゴロでこの回1点どまり。やはり6番以降の下位打線の打力に不安を抱きながらのスタートとなった。

一方のあらた先発はマリン杯で2連敗を喫した日置。雪辱に燃えるマウンドとなった。1回の攻撃で1点しか取れなかったことでいつものように気落ちするかと思われたが、相手先頭打者がボール球に手を出して三振してくれると、そこから相手打線の大振りや打ち損じ、拙攻にも助けられ、マリン杯とは全く別人のピッチングを披露?
3回裏・2死から9番打者に初ヒットを浴び、さらに1番打者にデッドボールで1・2塁のピンチを迎えるが続く打者をショートゴロで無失点に切り抜けると、4,5回にもそれぞれ1人ずつランナーを出すが後続は絶ち、5回までを無失点と好投する。
一方のあらた打線は2回以降もチャンスは作るもののあと1本が出ず、結局2回に得点した1点を加えるにとどまり、序盤5回までを2−0とリードして折り返す。

無失点の好投を続けてきた日置だったが、5回終了の時点で既に握力がなくなってきたため、6回以降は中継ぎ陣に託すことになった。が・・・昨年までなら「伊藤」や「小渕」、「鈴木敦」など、安定した中継ぎ陣が豊富に揃っていたのだが、今はみんな遠いどこかの国。この拮抗した展開で安心して送り出せる中継ぎが今のあらたーずにはいない。。。候補は大川&牧野の野球バカコンビ。どちらも球威はあるが、安定感はまだまだ不安なのだが、四死球を爆発的な勢いで量産してしまう可能性のある暴走・牧野よりは大川のほうが安定しているだろうと言う判断で揉めに揉めた末、結局、大川が2番手のマウンドに立つこととなった。
大川が登板する前に少しでもリードを広げておいてあげたい打線は6回表に相手のエラーやワイルドピッチなどで2点を追加し大川を援護する。点差が広がって多少は楽になったのか、6回裏の大川は1死2、3まで攻め込まれるが、伸びのあるストレートで2三振を奪うなどこの回はなんとか0点に抑える。
しかし、7回表にまたもや相手ワイルドピッチで1点追加し、5点リードとした7回裏に、突如恐れていた大川の乱調?が発生する。内野安打、四球、サードエラーで無死満塁の大ピンチ。ここで渾身のストレートを左中間に痛烈に打ち返されてしまい、次々とランナーがホームイン。せめて打者は2ベース止まりでと願ったが、センター・石川が打球に追いついてから慌てすぎて5度もファンブル。さらに中継の横山への送球も乱れて、その間に打者走者は一気にホームへ。横山から素晴らしいバックホームが返って来るが、ホームクロスプレーになり澤木のミットからボールがコボれて万事休す。4点を返され一気に1点差とされてしまう。ベンチから凡ミスの石川に罵声が飛ぶ中(笑)、気落ちした?大川がさらに2連打を浴びて逆に無死1・2塁の一打同点、逆転のピンチに陥ってしまう。しかしここから大川も踏ん張り2者連続三振で2アウト。続く打者には強烈なライナーを浴びるが、これがショート正面の幸運もあり、なんとかリードを保ったまま抑えの鳥居に継投する。

結局、9回表にも相手のミスから2点を追加したあらたが、最後は鳥居が安定感あるピッチングで相手打線をきっちりと抑え、競り勝つ形となった。先発・日置は4/11以来、実に3ヶ月ぶりとなる2勝目(3敗)をあげた。

打線は引き続き絶不調。特にこの試合に限ってはタイムリーヒットが1本もないどころか、8本のヒットのうちまともにとらえたのは牧野の右中間への2ベースのみ(これもまぐれっぽい打ち方でしたが…)。相手の野手やバッテリーのエラーがなければ1点も取れなかったのではないかと言った展開でした。
守備面でもまずいプレーが続出しました。大橋の加入で内野は安定化の傾向にありますが、外野守備については打球への判断や、打球を追いかける姿勢、中継への送球など課題が多く残りました。走塁でも何個かミスがありました。
ピッチングスタッフについては、課題の中継ぎ陣にまだまだ不安は残りますが、大川も打たれたとは言えミス絡みの不運もありましたし、コントロールもそこそこ安定していて、伸びのあるストレートは十分に空振りを取れる球だと思います。エキストライニングなどで登板を重ねている牧野や横山も好投が続いており、実戦で同じ投球ができれば十分に中継ぎとしてやっていけるのではと手ごたえをつかんでいます。。

一方、VANさんはかつての「ビッグVAN打線」を思い出させる充実の打撃スタッフでした。今期は連盟の活動を休止されていることもあると思いますが、練習試合にも全力投球してきてるなと感じました。今回は各打者が打ち気にはやって力が入りすぎて打ち損じてくれたような感じでしたが、試合慣れしてくるとほんとうにどこにも穴のない怖い打線だなと思います。8月末のD−MAX杯にこのスタッフで乗り込んでくるようだと、一躍台風の目になりうる強力な戦力だと改めて思いました。怖い…





あらたーず  1  2  3  4  5  6  7  8  9
あらたーず  1  1  0  0  0  2  1  0  2  7
Eigyo Van  0  0  0  0  0  0  4  0  0  4





打順 守備 打者 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 打数 安打 打点 得点 盗塁 失策
1
松永正
 右安
 
 三振
 
 
 死球
 
 遊ゴ
 
3
1
0
2
1
0
2
鳥居裕介
 二失
 
 二安
 
 
 三失
 
 
 三失
4
1
0
2
1
0
3
石川太亮
 
 
 三振
 
 
 一ゴ
 
 
 投ゴ
3
0
0
0
0
1
4
大川勇記
 左失
 
 中飛
 
 
 三失
 
 
 遊失
4
0
0
1
1
0
5
澤木規行
 投飛
 
 
 三ゴ
 
 三ゴ
 
 
 遊安
4
1
0
0
1
0
6
大橋知典
 三振
 
 
 投ゴ
 
 一飛
 
 
 投飛
4
0
0
0
0
0
7
鈴木宏和
 投ゴ
 
 
 三ゴ
 
 
 右安
 
 一ゴ
4
1
0
1
0
0
8
走出勝豊
 
 三振
 
 
 右安
 
 二ゴ
 
 
3
1
0
0
0
0
9
田中弘之
 
 左安
 
 
 中飛
 
 三振
 
 
3
1
0
1
2
1
10
横山太平
 
 四球
 
 
 三振
 
 遊安
 
 
2
1
0
0
1
0
11
牧野真司
 
 三失
 
 
 右2
 
 
 中飛
 
3
1
0
0
1
1
12
日置功
 
 三ゴ
 
 
 三ゴ
 
 
 左直
 
3
0
0
0
0
0
40
8
0
7
8
3





投手 x/3 打者 打数 球数 被安 被本 犠打 犠飛 三振 四球 死球 暴投 ボーク 失点 自責 勝敗
日置功
5
-
0
0
67
2
0
0
0
4
1
1
0
0
0
0
 ○ 
大川勇記
2
-
0
0
50
5
0
0
0
4
2
0
0
0
4
3
 ― 
鳥居裕介
2
-
0
0
25
1
0
0
0
2
0
0
0
0
0
0
 S